トップページ
>
理念

理念

わたしたちのめざすもの

わたしたちは、地域の障害がある人の働く権利、文化的に生活する権利、社会活動に参加する権利を守り、さらにこれを創造的に発展させていくことを目的にさまざまな事業や活動を推進してきました。 とくに、わが国の成人期障害者対策は、障害の種別ごとにおおきな格差があり、また障害の重い人々への対応などの面でも大きく立ち遅れていますが、こうした制度上の矛盾に立ち向かってきました。

 

さらに事業や活動の推進にあたっては、障害者の要求をもとに、法人理事会、父母、職員が知恵をだしあい、関係者、地域、市民を含めた共同の事業としてこれをすすめています。

 

1974年6月、あさやけ作業所を開設して以来、この37年間で、作業所6カ所、共同ホーム4カ所、地域生活支援センター1カ所を設置・運営するに至っています。これらは障害の重い人々、知的障害、肢体障害、精神障害など、さまざまな障害がある人の働く場や生活の場、仲間づくりの場として、大きな役割を果たしつつあります。 加えて、地域の障害者の生活を支える事業として、関係者と手を携えながら障害者のショートステイ事業、障害児の学童保育、ソーシャルクラブなどの事業・活動にも力をいれてきました。

 

しかし、地域の障害者の生活実態からすれば、まだまだ援助のための手立ては不十分であり、関係者が団結していっそう発展させていかなけれはなりません。 

 

わたしたちは、社会福祉法人ときわ会の将来構想を策定するにあたり、これまで大切にしてきた基本的な理念を踏襲し更に発展させたいと考えています。それは、次の7項目にまとめられます。

 

  1. 障害者一人ひとりの障害や生活の実態に視点をあて、その要求に応えていくために全力をつくしていきます。
     
  2. 地域で生活を支えていくために、就労の保障に加えて、生活や社会教育など障害者にかかわる総合的な分野の保障を追求していきます。
     
  3. 障害者の願いを中心に、家族、職員、関係者による共同の事業として 推進していきます。
     
  4. 職員を中心に、ときわ会関係者一人ひとりが不断に学習・研究をおこたらず、実践面・運営面・運動面にわたって総合的な力を高めていきます。
     
  5. 絶えず、公的な責任を追求していく姿勢を持ち、一方で権利の内実を保障していく努力を続けていきます。
     
  6. それぞれの事業(活動)が地域の障害者の権利擁護運動の拠点として の機能を発揮していきます。
     
  7. 各地の共同作業所づくり運動など地域生活を支援する事業・運動と連 携し、これらの運動の推進に積極的な役割を果たしていきます。